VIO脱毛

MENU

VIO脱毛とは

VIO脱毛

VIO脱毛は、全身脱毛に取り組むひとは必ず聞くことになる言葉です。ちなみにVIOはアルファベットそのままに「ぶいあいおー」と発音します。


VIOとは、日本の脱毛業界で考えだされた造語です。女性の陰部を前から見るとV字型に、下から見るとI字型に、後ろから見ると(肛門部)O字型に見えることから、あわせてVIOと名づけられました。VIOラインなどと呼ばれることもあります。


VIOは基本的に女性の陰部を指す造語ですが、VIOという用語はとても便利に使えるので、あっという間に日本の脱毛業界に広まりました。脱毛のためとはいえ、女性器そのものを指す言葉を用いることはなかなか難しいですからね。


VIOというと、指している場所は同じでも、不思議と恥ずかしくなくなる?感覚があるためか、脱毛業界では、ごく普通にVIOという言葉が使われています。脱毛施術を受けていて、エステティシャンからごく自然にVIOという言葉を聞くこともあるでしょう。


ハイジニーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛

VIO脱毛と同じ意味をあらわす用語として、ハイジニーナ脱毛という言葉も最近使われ始めています。


ハイジニーナとは、ハイジーン(hygiene)が語源で「衛生的」という意味です。ハイジニーナ脱毛とは、厳密には陰部のムダ毛が1本もない状態を指しますが、日本においてはVIO脱毛とほぼ同じ意味で、陰部の脱毛全般を指していうことも多くあります。


当サイトでは、いまの日本の脱毛サロンの状況を考えて、特に断らない限り、VIO脱毛・VIOラインという用語に統一して説明していきます。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリットは大きく2つです。1つには見た目の清潔感が得られること、もう1つは実際により衛生的になることです。


見た目の問題は分かりやすいですね。そもそも水着を着ることなどを考えると、何らかのムダ毛処理をしている人は多いでしょう。


もう1つ、衛生面では、ムダ毛を処理することで、ムダ毛に経血や糞便が付着することが無くなりますので、より衛生的になります。最近では、老後の介護の手間を考慮して、シニア層でもVIO脱毛を行う人が男女とも増えているということです。


VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリット

欧米では女性がVIO脱毛(現地の言葉ではハイジニーナ脱毛)を行うことが一般的になっていますので、とくに何か心配することはありません。


ところが日本では、ワキ脱毛ほどにはVIO脱毛は一般的な慣習にはなっていませんので、そこは注意する必要があります。


具体的には、学生時代にVIOラインを無毛状態にしてしまったけど、社会人になって社員旅行で皆といっしょに温泉に入ることになってしまい・・どうしよう?とか、そういう問題が生じる可能性があるわけです。



Iライン、Oラインは処理するにしても、Vラインは完全無毛状態は避けるようにした方が無難です。とくにシースリー(c3)は何度でも通い放題なわけですから、最初から処理し過ぎてしまうのは止めておいた方が良いように思います。


最初は控えめに処理して、徐々に処理範囲を拡大していく、こういう使い方ができるのもシースリー(c3)のメリットですね。