毛抜きの正しい使い方

MENU

毛抜きを使わなければ対応できない部位もあります

毛抜き

毛抜きでムダ毛の自己処理を行っている人は多いでしょう。自己処理の基礎知識のところでも説明しましたが、本来は、毛を抜く行為はできるだけ避けたいところです。


それでも、部位によっては毛抜きを使うしか方法が無いこともあります。代表的なのは、肌に傷やニキビなどの炎症があってカミソリなどが使えない場合です。また、粘膜近くの部位や、1本だけ生えているムダ毛を処理したい場合なども、毛抜きを使うことが有効になります。


毛抜きの正しい使い方

毛抜きの正しい使い方

@抜く前に、できるだけ蒸しタオルなどで部位を温める。
蒸しタオルは電子レンジがあれば簡単に作れます。
A毛の生えている方向に沿って抜く
これはムダ毛の自己処理に共通しますが、毛の向きに沿って処理します。
Bゆっくり抜くのではなく、素早く抜く。
言葉でいうと「ピッ」と抜く感じですね。
C毛を抜く時に、皮膚まで一緒に掴まないように気を付ける。
なるべく肌の負担を減らすことを考えるようにしましょう。
D抜いた後は保湿処理しましょう。
ここは忘れてしまいがちですが、ムダ毛の自己処理後には、必ず保湿ケアするようにしましょう。


毛抜きでの自己処理のメリット

毛抜きでの自己処理のメリット

毛抜きでの自己処理は、ムダ毛1本をピンポイントで狙って処理することができます。肌の状態が思わしくない場合、毛抜きを使えば、患部を避けてムダ毛を抜いていくこともできます。


毛抜きが入れば自己処理ができるため、基本的には狭い部位に向いた自己処理方法です。まゆ毛・鼻毛・頬毛・すね毛・手の甲・指、などが毛抜きを使うことが多い代表的な部位ではないでしょうか。


使う道具がシンプルで費用的にも安いこともメリットの一つです。


毛抜きでの自己処理のデメリット

毛抜きでの自己処理のデメリットは、何と言っても肌への負担が大きいことです。毛を抜くという行為は、おおげさにいえば、皮膚から毛をむしり取ってケガをさせているようなものです。


止むを得ず毛抜きを使う場合は、事前・事後のケアをしっかり行いましょう。


毛抜きは、ムダ毛を1本ずつ処理していく方法ですので、処理効率は低いです。広い面積の部位には不向きということで、基本的に毛抜きは、ピンポイント用と考えておいた方が良いでしょう。


ムダ毛の自己処理を行う場合、どうしても毛抜きでないと対処できない部位は出てくるものです。ですので、「毛抜きでの自己処理は禁止」ではなくて、できるだけカミソリなどに置き換えつつ、どうしても毛抜きを使わなければならない時は、事前・事後のケアをしっかり行う、という方向で考えると良いですよ。