カミソリの正しい使い方

MENU

カミソリは自己処理方法のなかではベスト

カミソリの正しい使い方

カミソリを使った自己処理は、ムダ毛の自己処理のなかでも、正しくカミソリを使えば、肌への負担が一番少なくて済むものです。


もちろん、シースリー(c3)など専門の脱毛サロンで脱毛施術を受けるのが、肌への負担を考えてもベストなのですが、脱毛施術を受けている期間は自己処理を並行して行う必要があります。


自己処理をしなくてはならない場合、カミソリで剃ることで対応できる部位は、カミソリ中心に自己処理をすると良いでしょう。


カミソリの正しい使い方

@清潔でちゃんと切れるカミソリを使う。
いまでは女性用のカミソリもたくさん販売されていますが、重要なのは、清潔でちゃんと切れる、引っかかりなどが無いカミソリを使うことです。


A剃る前に、剃る部位を温める。
こちらでも解説しましたが、お風呂に入るか、蒸しタオルを使うか、どちらかで対応しましょう。ムダ毛を柔らかくすることと、毛穴を開かせることが目的です。


B毛の流れに沿って剃る。(図解しました)
人間の体毛の流れは、基本的に上から下に流れています。毛にも重さ、質量がありますので、重力の関係で、体毛は上から下に生えることで身体を守っています。


C力を入れ過ぎない。何度も同じところを剃らない。
ちゃんと切れるカミソリを使って、力を入れ過ぎずに剃るようにしましょう。剃るのは、できる限り、1回で済ませるようにすると良いですよ。力を入れて何度も剃ると、肌を傷めてしまいます。


D剃った後は一度冷やす。
剃った後は、水で冷やしたタオルをしばらく当てます。これで肌が引き締まり、毛穴も閉じていきます。蒸しタオルを使った場合は、それをもう一度使うと便利ですよ。


E最後に保湿ケアを行って完了。
冷やした後は、化粧水やローションで肌を保湿します。


カミソリの自己処理のメリット

カミソリの自己処理のメリット

カミソリでの自己処理は、カミソリを正しく使えば、自己処理方法のなかでは、肌への負担が一番低く抑えることができるものです。


特別な器具を必要としないことから、費用的にもコストを抑えられるメリットがあります。


カミソリは刃の「面」で剃っていくものですので、ムダ毛処理の効率もかなり良好な部類に入ります。自己処理にかかる時間が節約できるという意味でも、効率的な自己処理方法です。


カミソリの自己処理のデメリット

カミソリの自己処理のデメリット

カミソリでの自己処理方法のデメリットは大きく2つです。


1つには、面で剃っていくものですので、面の途中に傷や吹き出物などがあると、自己処理がとても面倒になります。ある程度は肌の状態が良好であることが必要です。そうでないと、効率的な自己処理ができません。


もう1つは、ピンポイントでの対応は難しいことです。このムダ毛、1本を何とかしたい・・という場合などのことですね。T字型のカミソリではなく、I字型のカミソリを使うことで対応できる場合もあります。



最後にひとつ、カミソリで剃る場合は、ごく薄くですが、皮膚の表面もそぎ取られている、ということは認識しておいた方が良いです。だからこそ、カミソリで剃る前後のケアは、しっかり行わなくてはならないということですね。