永久脱毛の定義

MENU

永久脱毛の定義はちょっと複雑

永久脱毛の定義

美容脱毛における永久脱毛の定義は、ちょっと複雑です。最も重要なポイントは、読んだ文字の通りに、ムダ毛が二度と生えない状態を「永久脱毛」と定義しているわけでは無い、ということです。


永久脱毛という言葉の解釈については、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)の定義が用いられることが日本でも一般的になっています。


米国電気脱毛協会(American Electrology Association)の定義とは、『最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』です。日本語をそのまま読んで理解すると誤解してしまいますよね。ムダ毛が永久的に1本も生えないのではなくて、あくまでもムダ毛の再生率が20%以下であることが永久脱毛の定義となるわけです。


医師法の規定

医師法

日本での美容脱毛の区分は大きく2つに分けられます。


1つめは、脱毛サロンとか脱毛エステサロンと呼ばれる業態です。もう1つが医療脱毛とか医療脱毛クリニックと呼ばれる業態です。


この2つを区分しているものが、医師法の規定となり、脱毛サロンとか脱毛エステサロンと呼ばれる業態は医師法の規定外に位置していて、医療脱毛とか医療脱毛クリニックと呼ばれる業態は医師法の規定内に位置しています。


脱毛サロン(脱毛エステサロン)

シースリー(c3)もここに該当しますが、脱毛サロンと呼ばれるところでは、光脱毛がメインの施術方法です。なかにはワックス脱毛などを行う脱毛サロンもありますね。この業態は、医師法の規定外に位置しています。


脱毛サロンでは医療行為が行えないため、レーザー脱毛は施術できません。代わりに、より出力が弱い、光脱毛方式の脱毛機を採用しています。そのことによるメリット・デメリットはこちらで説明しました。


ごく単純化すると、「脱毛サロン=光脱毛」と考えてOKです。

医療脱毛(医療脱毛クリニック)

医療脱毛とか医療脱毛クリニックと呼ばれるところは、基本的に医療機関です。医師の常駐が必要ですし、医療従事者も必要です。医師法の規定を受け、レーザー脱毛を施術することができます。


医師法の規定により、「永久脱毛」という言葉は、医療機関でないと使うことができないのです。脱毛サロンは、自分のサロンの施術方法を「永久脱毛」と呼ぶことができません。


ニードル脱毛も、医療脱毛のひとつで、永久脱毛と呼ぶことができますが、あまり一般的ではありませんので、これを除外して考えると、「医療脱毛=永久脱毛=レーザー脱毛」と考えてOKです。


ただし、この場合の「永久脱毛」の定義は、先にご説明した、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)の定義が用いられるということに注意してください。


永久脱毛とは、実際のところ?

実際のところ?

永久脱毛という言葉の定義は分かったけれど、実際のところはどうなの?と思ってしまいますよね。


脱毛施術は、効果が高い順に「ニードル脱毛 > レーザー脱毛 > 光脱毛」となりますが、現時点での状況は次のようになります。


※注:これは自己の体験、ネットの口コミを元にした、サイト管理人の主観的な意見であることにご注意ください。

ニードル脱毛 ほぼ文字通りの永久脱毛、つまり、二度とムダ毛が生えないという効果が期待できる。
レーザー脱毛 文字通りの永久脱毛、つまり、二度とムダ毛が生えないという状態に近づいてきているが、まだ完全ではない。
光脱毛 二度とムダ毛が生えないという状態になる人もいるが、ムダ毛が再発することの方が多い。


シースリー(c3)は、光脱毛方式を採用した脱毛サロンです。光脱毛でも、二度とムダ毛が生えないという状態になる人も実際にいますが、多数派ではありません。シースリー(c3)の公式サイトでも明記されている通り、ムダ毛は再発するものと思っておいた方が良いです。


逆に考えると、レーザー脱毛でもまだ完全とは言えない状況にあるわけですから、施術料金がリーズナブルで、痛みも少ない光脱毛方式の脱毛サロンに、生涯保証がプラスされたシースリー(c3)を選ぶのは、とても合理的な判断だと思います。