脚の脱毛

MENU

脚の脱毛

脚の脱毛

脚の脱毛は、シースリー(c3)のような全身脱毛サロンでも、とくに主要な部位の一つです。


脚は脱毛施術を行う範囲としても広く、ムダ毛も比較的太いため、VIO脱毛などよりも優先して行いたいという人も多いでしょう。脚は、女性の身体の中でも、顔に次いで最も露出することが多い部位のひとつですので、脱毛する必要性も高いわけです。


脚と足の違い

ところで、非常に基本的なことですが、脚と足の違いを一番最初にご説明しておきます。


脚は英語で言うと leg のことです。脚は、もともとは膝から下の脚部を指す言葉でしたが、転じて脚部全体を指すようになりました。


足は英語で言うと foot のことです。足はくるぶしから先の部分を指す言葉です。


日本語の発音は同じ「あし」なので混同してしまいがちですが、漢字で書くと明確に指している部位は違うということですね。


例えていうと、手足の違いはありますが、腕と脚が同じニュアンスを持ち、手と足が同じニュアンスを持つ、と考えると分かりやすいと思います。


脚の脱毛のメリット

脚の脱毛のメリット

脚は、脱毛施術の対象としては、最も広い面積を持ちます。また、ムダ毛の毛質も太く、自己処理するにも大変です。


背中なども面積としては広いですが、ムダ毛の太さという意味では大きく事情が異なります。


このため、脚の脱毛は、自己処理をするにも、時間的にも費用的にも負担が大きいため、脱毛施術を行うメリットが非常に大きい部位です。


また、女性は男性と違って、パンツルックだけでなく、スカートを着用します。脚は、顔に次いで露出することが多い部位となりますので、その意味でも脱毛施術をするメリットは大きいと言えます。


脚の脱毛のデメリット

脚の脱毛のデメリット

脱毛施術を行うこと、そのものにデメリットがあるわけではありませんが、脱毛施術を受けている期間の自己処理については気を付けてください。


脚は、面積が広い反面、ワキほどにはムダ毛処理を注目されないという意識がありますよね。女子同士でも、ワキの処理状況はついつい見てしまうということはあっても、脚の処理状況をこまかく観察する人は少ないでしょう。


それなりに処理していれば、何とかごまかしが効く部位でもあるわけです。このため、ワックス脱毛とか脱毛テープとかで、一気に自己処理・・と考えてしまいがちですが、基本的に「抜く」系統の自己処理は肌への負担が大きいため、おすすめできません。


自己処理は、面倒でも、正しい手順でカミソリで剃るのが一番のおすすめです。この点にはぜひ注意してください。