レーザー脱毛

MENU

レーザー脱毛は医療脱毛で行われる施術方法

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療脱毛で行われているメインの脱毛施術方法です。レーザー脱毛は医療行為に該当するため、医療機関でないと実施できません。


レーザー脱毛の原理は、光脱毛と基本的に同じです。照射したレーザー光の熱を、ムダ毛のメラニンに伝えて、毛母細胞・毛乳頭を破壊してムダ毛が生えないようにするというものです。


光脱毛との違いは、照射する光のパワーです。光脱毛では、ムダ毛を生む毛母細胞・毛乳頭を破壊するレベルの強さの光を照射することはできません。レーザー脱毛では、毛母細胞・毛乳頭を破壊するレベルの強さの光を照射することができます。


レーザー脱毛の歴史は光脱毛よりも古く、1983年にアメリカで理論化され、1997年には日本にもレーザー脱毛器の輸入が開始されています。(参照:日本スキン・エステティック協会「脱毛の歴史」


レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットは、「永久脱毛」が可能なことです。正確には、「永久脱毛」という言葉が使える、ということになります。美容脱毛でいう「永久脱毛」が意味するものは、文字通りにムダ毛が二度と永久に生えないという解釈とは微妙に違うことには注意が必要です。


永久脱毛については、こちらにまとめましたので参考にしてみてください。


レーザー脱毛は医師が常駐する医療機関でないと扱えませんので、衛生管理や緊急事態の時の対応が、一定レベル以上であることもメリットの1つです。法規制の元にありますので、安全性は高いと言えます。


レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛のデメリットは、簡単に言ってしまうと、高くて痛い、ということになります。


レーザー脱毛は光脱毛よりも強いパワーのレーザー光を照射しますので、それだけメラニンを伝わって、毛母細胞・毛乳頭に伝わる熱量も大きくなります。これが皮膚への刺激となり、痛みになるわけです。


また、レーザー脱毛は、医師が常駐する医療機関でないと取り扱うことができません。医師や医療従事者を確保する必要があり、全体のコストはどうしても高くなりがちです。


レーザー脱毛のまとめ

レーザー脱毛のメリット・デメリットをまとめます。

@レーザー脱毛は、光脱毛よりも照射パワーが強く、メリットもデメリットもそこから生じています。
Aレーザー脱毛のメリットは、脱毛効果が高く、「永久脱毛」という呼び方を使うことが可能です。
Bレーザー脱毛のデメリットは、光脱毛と比較して施術料金が高く、痛みも強いことです。


レーザー脱毛の特徴を理解しておくと、シースリー(c3)をはじめとする多くの脱毛サロンが、総合的に判断して、光脱毛方式を選択していることが良くわかります。