光脱毛

MENU

光脱毛は脱毛サロンの脱毛施術方法

光脱毛

光脱毛は、脱毛サロンで行われている脱毛施術方法です。シースリー(c3)も光脱毛を採用しています。


光脱毛は英語で書くと Intense Pulsed Light hair removal となりますが、このためIPL方式と呼ばれることもあります。光脱毛の原理は、レーザー脱毛と基本的に同じで、脱毛機のかたちも良く似ています。



脱毛機から照射された光が、ムダ毛の黒色のメラニンに熱を伝え、その熱がムダ毛を発生させる毛母細胞にダメージを与えることで、ムダ毛が抜け落ち、脱毛できるという仕組みです。


レーザー脱毛との違いは照射する光のパワーと広さです。一定以上のパワーのレーザー光を扱うことは医療行為に該当しますので、医師が常駐する医療機関でないと取り扱うことができません。


光脱毛は、レーザー脱毛で使われる光よりも照射パワーが弱く、そのため医療機関でなくとも取り扱うことができます。光脱毛の特徴は、メリット・デメリットともに、レーザー脱毛よりも弱い光を用いることから生じています。


光脱毛のメリット

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは大きく2つです。


1つにはリーズナブルな料金設定が可能なことです。レーザー脱毛のように医療機関である必要がありませんので、脱毛サロン全体の運営コストを下げることができます。


もう1つは痛みが少ないことです。光脱毛はレーザー脱毛よりも弱いパワーの光を使うので、ムダ毛の黒色のメラニンに伝わる熱量もそれだけ小さくなります。この熱が、刺激となり痛みの元となっているのですが、光脱毛は伝わる熱量が小さいため、レーザー脱毛よりも痛みを抑えることができます。


光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットは、レーザー脱毛と比較した時に、脱毛効果が限定的なことです。個人差があるため、一概に効果が低いとは言えませんが、少なくとも医師法の規制で「永久脱毛」という言葉を使うことはできません。


もっとも、「永久脱毛」が文字通り、永遠にムダ毛が二度と生えないという意味では無いということは理解しておく必要があります。これは別途こちらにまとめました。


シースリー(c3)も、公式サイトでもムダ毛が再発することがあるということを明記していて、そのために脱毛品質保証書を発行して生涯保証をつけてアフターケア対応しています。


光脱毛のまとめ

光脱毛のメリット・デメリットをまとめます。

@光脱毛はレーザー脱毛よりも照射パワーが弱く、メリットもデメリットもそこから生じています。
A光脱毛のメリットは、リーズナブルな料金設定が可能なことと、痛みが少ないことです。
B光脱毛のデメリットは、脱毛効果が限定的なことです。

光脱毛の特徴を理解しておくと、デメリットを解消するために、シースリー(c3)が脱毛品質保証書を発行して生涯保証をつけていることが良く分かります。