脱毛クリームについて

MENU

脱毛クリームは比較的新しい自己処理方法

脱毛クリーム

脱毛クリームは、比較的最近登場してきたムダ毛の処理方法です。


脱毛と除毛の違いのところでも説明しましたが、脱毛クリームは正確には除毛の部類に入る自己処理方法で、製品名にも「除毛クリーム」と記載されています。


ムダ毛の主成分はケラチンというタンパク質なのですが、脱毛クリームはこのケラチンを溶かすことで、脱毛(正確には除毛)する方法です。


脱毛クリームを使った自己処理のメリット

脱毛クリームのメリット

脱毛クリームは、文字通りクリーム状の脱毛剤を塗って毛を溶かしていくものですので、広い範囲に対応が可能です。


カミソリでの自己処理のように、肌を削ってしまうということはありませんので、自分の肌質に合えば、効率的に脱毛(除毛)することができます。


また、ムダ毛を溶かす処理方法であることから、ムダ毛の断面が鋭角に尖っているというようなことはありません。カミソリでの自己処理だと、ムダ毛が生え始めるとチクチクした不快感がありますが、脱毛クリームでの自己処理にはこのチクチク感は無く、その意味で、比較的長持ちする自己処理方法と言えます。


脱毛クリームを使った自己処理のデメリット

脱毛クリームのデメリット

脱毛クリームの主成分は、チオグリコール酸カルシウムで、これがムダ毛のケラチンを溶かすことで、目に見えている範囲のムダ毛を溶かしてしまうというものです。


ムダ毛が溶けるということは、それなりに強い薬剤だということですから、自分の肌質に合うかどうかが最大の問題になってきます。


本格的に使用する前に、必ずパッチテストを行うようにしましょう。


パッチテストのやり方は、500円玉程度の大きさに脱毛クリームを塗って5分間程度おいて流し、24〜48時間後まで肌が赤くならないかを見ます。まずは2日間程度は様子を見て、それから本使用するようにしましょう。


脱毛クリームは、独特の臭いがしますので、その点にも注意してください。