腕の脱毛

MENU

腕の脱毛

腕の脱毛

腕の脱毛は、自分でも目が届く部位のため、自己処理で終えてしまいがちですが、シースリー(c3)のような全身脱毛サロンで施術することがおすすめです。


腕は上半身にあるため、他人の目につきやすく、また露出することも多いため、紫外線の影響も大きいことから、トラブルも多いものです。紫外線の影響は、基本的に身体の上部にあるほど、影響を受けやすくなります。


腕の脱毛のメリット

腕の脱毛のメリット

腕は、身体の上部にあり、顔のように帽子などで日光を遮ることもできないことから、紫外線の影響を受けやすい部位です。肌への負担ができるだけ少ない脱毛施術が望ましく、専門の脱毛サロンで施術することがベストです。


また、腕はブツブツができやすい部位でもあります。腕のブツブツは、毛孔に角質が詰まり角栓となってしまうことで生じるのですが、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)と呼ばれています。


光脱毛には肌に適度な刺激を与えることで、ピーリング効果があることが知られていて、こうしたブツブツの軽減にも効果があります。


腕の脱毛のデメリット

腕の脱毛のデメリット

脱毛施術を行うこと、そのものにデメリットがあるわけではありませんが、紫外線の影響で日焼けの度合いが強い場合は脱毛施術を行うことができません。日頃から、日焼け止めでしっかり対策するようにしましょう。


また、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)、毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)の症状が重い場合にも、脱毛施術が行えない場合があります。


この場合は、ハーブや植物の種などの天然素材を用いて、古い角質を取り除くゴマージュや、角質剥離作用があるピーリング剤で、毛孔性苔癬・毛孔性角化症の症状を改善させることを優先してください。


腕の脱毛は、自分の目で確認できて、自己処理するにも手が届く範囲にあることから、甘く考えてしまいがちです。日常生活のなかで、肌が傷ついている可能性が高いことにも配慮して、脱毛に取り組んでくださいね。